日中働ける風俗の仕事ってある?

昼間には風俗店はやっていないと思っていませんか?

あまり知らない風俗のお話

ステレオタイプに振り回されそうな「風俗」というジャンル。 特別な場所で、とか、夜限定、など、持っているイメージも独特で、ちょっと秘密めいた感じがしますよね。 また、そんなイメージを修正したりがらりと変えるような機会も少なく、触れてはいけないような気すらします。

続きを読む

風俗の第一印象

男性に比べて、風俗を身近なものとしている女性は多くないと思います。
なんとなくのイメージで知っているだけで、実際にはどういうものがあるのか、どういったことをするのかという事すらわかっていない人のほうが多いのではないのでしょうか。
「風俗」とは、元々は性的な意味はなく、生活の中の慣習や地域の風習などを指す言葉でした。
現在の意味を指す言葉として、昔は「性風俗」といっていたようです。
いつのまにか性の字が取れて、本来の意味が変わって使われるようになったのですね。
しかしながら、性的なサービスを行うお店が昔からあったことは有名です。
江戸の吉原をはじめとする、各地の遊郭は、国や幕府が整備していたあたり、そういったお店はやはり必要なものだったのでしょう。
風俗店が営業するのは、やはり日暮れ時から。
今でも「夜のお仕事」という言葉が浸透しているように、昼間から堂々とという印象はほとんどないと思います。
ところが、最近は昼に営業しているところもあるようです。
プライバシー保護や、生活スタイルの変化などにより、昼でも利用しやすくなったことが大きな理由です。
それに合わせて、営業店側も利用時間を拡大するなど、工夫をしてきました。
結果的に、昼間に風俗店で働きたい人のニーズにも答えられるようになったわけです。

どんなお仕事があるのかや、昼に働くことと夜に働くことの違いなどをまとめてみました。
意外に知られていない、風俗のちょっと真面目なお話も。
モヤッとしていた情報が整理されますよ。

おすすめリンク

風俗店はいつでも行ける?

夜に電飾がギラギラと誘うような店構え。 風俗店=夜、という印象は、どうしても強いですよね。 でも、昼間に利用したい人が全くいないわけではありません。 客層やニーズに応えながらサービスを広げることは、働きたいと思っている人への間口を広げることにもなります。

続きを読む

時間帯によって違ってくること

同じ仕事でも、時間帯によってお客さんの質やニーズが変わるのが風俗の特徴です。 お客さんありきのお仕事ですから、それに合わせなければならないのは、仕方のないことです。 相違点を意識して、基本的な注意点や自分の働きやすいスタイルをできるだけ考えて選びましょう。

続きを読む